お出かけや通院に最適 便利なリュックタイプ 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック お出かけ 散歩 激安通販ショッピング ペットバッグ バック 子ども 旅行 子供 2309円,/Feringi613567.html,おさんぽ,子ども,旅行,バッグ,子供,お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ!,バック,お出かけ,ペットバッグ,猫用キャリーバッグ,リュック,キャリー,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , キャリーバッグ・カート , リュックキャリー,ペット,sidestage.ie,散歩 お出かけや通院に最適 便利なリュックタイプ 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック お出かけ 散歩 激安通販ショッピング ペットバッグ バック 子ども 旅行 子供 2309円 お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ! 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック ペットバッグ バック 旅行 お出かけ 散歩 子供 子ども ペット・ペットグッズ 猫用品 キャリーバッグ・カート リュックキャリー 2309円,/Feringi613567.html,おさんぽ,子ども,旅行,バッグ,子供,お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ!,バック,お出かけ,ペットバッグ,猫用キャリーバッグ,リュック,キャリー,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , キャリーバッグ・カート , リュックキャリー,ペット,sidestage.ie,散歩 2309円 お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ! 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック ペットバッグ バック 旅行 お出かけ 散歩 子供 子ども ペット・ペットグッズ 猫用品 キャリーバッグ・カート リュックキャリー

お出かけや通院に最適 便利なリュックタイプ 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック お出かけ 散歩 激安通販ショッピング ペットバッグ バック 子ども 在庫あり 旅行 子供

お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ! 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック ペットバッグ バック 旅行 お出かけ 散歩 子供 子ども

2309円

お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ! 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック ペットバッグ バック 旅行 お出かけ 散歩 子供 子ども


















商品名お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ!
カラー4 COLORS:black blue pink orange
注意事項
(単位cm)
注意事項

※PC/環境/光の具合等により、色のイメージが画像と若干異なる場合が御座います。
※プリント生地の商品については、生地の裁断/縫製方法により写真と同様の柄が出ない場合がございます。

高品質・一年間保証
ご購入日から30日間で万が一初期不良あるいは不具合がある場合、いつでも弊社のお問い合わせメールまでご連絡ください、新品交換や返金の対応もさせていただきます。 ご安心、楽しんで利用ください。
送料について
宅配便:送料無料キャンペーン中
北海道、沖縄県、離島等の一部地域は追加送料をかかり,北海道の場合は300円プラスさせ、沖縄県は1000円をプラスさせていただきます。


注意事項
全品チェックして発送しておりますが、万が一、不良と思われる場合、点検、交換いたします。中国製です、輸入商品につき、箱などにキズやこすれがある場合があります。 *在庫切れた場合は無料で進化タイプでご配送いたします。料金追加しません。

お出かけや通院に最適!便利なリュックタイプ! 猫用キャリーバッグ ペット キャリー バッグ おさんぽ リュック ペットバッグ バック 旅行 お出かけ 散歩 子供 子ども

  • News &
     Topics
  • プレス
    リリース・受賞
  • セミナー・
    講義・研究会
  • 公募情報
プレスリリースを更新しました
2021.9.9
本研究所(神経性調節学分野)の大庭彰展さん (医学部4年生)が、第44回日本神経科学大会 ジュニア研究者ポスター賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の大庭彰展さん (医学部4年生)が、第44回日本神経科学大会 ジュニア研究者ポスター賞を受賞しました。
2021年度 第2回「環研カンファレンス」を開催します
2021.8.24
講演: 祖父江 顕 先生 (環境医学研究所 病態神経科学分野 特任助教)
“アルツハイマー病におけるミクログリア:特徴と治療標的としての展望”

2021年9月17日(金)16:30-17:30 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
講演: 祖父江 顕 先生 (環境医学研究所 病態神経科学分野 特任助教)
“アルツハイマー病におけるミクログリア:特徴と治療標的としての展望”

2021年9月17日(金)16:30-17:30 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
プレスリリースを更新しました
2021.6.30
環境医学研究所附属次世代創薬研究センターから、環境医学研究所附属MIRAIC- 未来の医学研究センターへ改組しました。東海国立大学機構内のハブとして医学 系研究科・創薬科学研究科をはじめとした医薬系部局と環境医学研究所との連携研究、産学連携研究を推進することにより、研究所の研究力を強化し、次世代研究者を育成します。本目的の達成のため、環境医学研究所の共通機器管理および動物実験施設の運営も担います。
環境医学研究所附属次世代創薬研究センターから、環境医学研究所附属MIRAIC- 未来の医学研究センターへ改組しました。東海国立大学機構内のハブとして医学 系研究科・創薬科学研究科をはじめとした医薬系部局と環境医学研究所との連携研究、産学連携研究を推進することにより、研究所の研究力を強化し、次世代研究者を育成します。本目的の達成のため、環境医学研究所の共通機器管理および動物実験施設の運営も担います。
プレスリリースを更新しました
2021.6.16
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・伊藤綾香助教・小林アズサ元大学院生)らを中心とした研究グループは、魚油の主成分であるエイコサペンタエン酸(EPA)の経口投与が自己免疫疾患モデルマウスの病態を改善することを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・伊藤綾香助教・小林アズサ元大学院生)らを中心とした研究グループは、魚油の主成分であるエイコサペンタエン酸(EPA)の経口投与が自己免疫疾患モデルマウスの病態を改善することを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2021.6.13
名古屋大学環境医学研究所/医学系研究科の祖父江顕特任助教、山中宏二教授らの研究グループは、荻朋男教授(同環境医学研究所)、名古屋市立大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所、高齢者ブレインバンクとの共同研究により、ミクログリアの機能低下が神経変性の進行と相関し、認知症病態に重要であることを解明しました。
名古屋大学環境医学研究所/医学系研究科の祖父江顕特任助教、山中宏二教授らの研究グループは、荻朋男教授(同環境医学研究所)、名古屋市立大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所、高齢者ブレインバンクとの共同研究により、ミクログリアの機能低下が神経変性の進行と相関し、認知症病態に重要であることを解明しました。
プレスリリースを更新しました
2021.5.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・吉岡直輝大学院生)らを中心とした研究グループは、短期間で非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と肝がんを発症する新たな疾患モデルを作製しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・吉岡直輝大学院生)らを中心とした研究グループは、短期間で非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と肝がんを発症する新たな疾患モデルを作製しました。
2021年度 第1回「環研カンファレンス」を開催します
2021.5.12
講演: 堀 美香 先生 (環境医学研究所 内分泌代謝分野 講師)
“生活習慣病を根底とした動脈硬化・発がんの分子機序の解明”

2021年5月28日(金)16:00-17:00 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
講演: 堀 美香 先生 (環境医学研究所 内分泌代謝分野 講師)
“生活習慣病を根底とした動脈硬化・発がんの分子機序の解明”

2021年5月28日(金)16:00-17:00 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
「基盤医学特論」を開催します
2021.2.5
酒井 寿郎 先生 (東北大学 大学院医学系研究科/東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
“ヒストン脱メチル化酵素のリン酸化スイッチを介した協調的寒冷適応機構”

2021年3月10日(水)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
酒井 寿郎 先生 (東北大学 大学院医学系研究科/東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
“ヒストン脱メチル化酵素のリン酸化スイッチを介した協調的寒冷適応機構”

2021年3月10日(水)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
プレスリリースを更新しました
2021.1.28
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎 博士研究員が、日本学術振興会から育志賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎 博士研究員が、日本学術振興会から育志賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2021.1.20
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・金森耀平研究員)らを中心とした研究グループは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)においてクッパー細胞の鉄蓄積が肝線維化を促進することを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・金森耀平研究員)らを中心とした研究グループは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)においてクッパー細胞の鉄蓄積が肝線維化を促進することを明らかにしました。
「基盤医学特論」を開催します
2020.12.21
桑木 共之 先生 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・教授)
“情動脱力発作を利用した快情動の脳内機構研究”

2021年3月18日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
桑木 共之 先生 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・教授)
“情動脱力発作を利用した快情動の脳内機構研究”

2021年3月18日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
プレスリリースを更新しました
2020.12.4
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)らを中心とした研究グループは、医学系研究科(勝野雅央教授ら)との共同研究により、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病巣に異常凝集するTDP-43タンパク質の凝集メカニズムを明らかにしました。
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)らを中心とした研究グループは、医学系研究科(勝野雅央教授ら)との共同研究により、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病巣に異常凝集するTDP-43タンパク質の凝集メカニズムを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2020.11.13
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔講師、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス・睡眠・体内時計を繋ぐ神経回路を発見しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔講師、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス・睡眠・体内時計を繋ぐ神経回路を発見しました。
プレスリリースを更新しました
2020.9.2
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス応答に重要な神経活動を調節する因子のスクリーニング法を開発しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス応答に重要な神経活動を調節する因子のスクリーニング法を開発しました。
プレスリリースを更新しました
2020.9.2
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)と英国・リバプール大学の国際共同研究として、神経難病ALSの治療薬候補となるエブセレン類縁化合物の開発に成功したことを発表しました。
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)と英国・リバプール大学の国際共同研究として、神経難病ALSの治療薬候補となるエブセレン類縁化合物の開発に成功したことを発表しました。
プレスリリースを更新しました
2020.9.2
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎さんが、日本神経科学学会・時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎さんが、日本神経科学学会・時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2020.8.15
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・坂(田中)まりえ研究員)らを中心とした研究グループは、急性腎障害から慢性腎臓病への病態の進展に、マクロファージに発現するMincle(macrophage-inducible C-type lectin)が関わることを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・坂(田中)まりえ研究員)らを中心とした研究グループは、急性腎障害から慢性腎臓病への病態の進展に、マクロファージに発現するMincle(macrophage-inducible C-type lectin)が関わることを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2020.7.1
本研究所(分子代謝医学分野)の伊藤美智子 客員研究者が、日本内分泌学会・研究奨励賞を受賞しました。
本研究所(分子代謝医学分野)の伊藤美智子 客員研究者が、日本内分泌学会・研究奨励賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2020.7.1
本研究所(分子代謝医学分野)の金森耀平 日本学術振興会特別研究員(PD)が、日本内分泌学会・若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。
本研究所(分子代謝医学分野)の金森耀平 日本学術振興会特別研究員(PD)が、日本内分泌学会・若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2020.6.17
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・木村真一郎特任助教)らを中心とした研究グループは、独自のグルコース応答性ゲルを用いて、自律的にインスリンを放出する人工膵臓デバイスを開発しました。血液透析用の中空糸を応用することでヒト糖尿病治療に向けた性能アップに成功し、また糖尿病合併症の原因となる血糖日内変動に対する有効性を明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・木村真一郎特任助教)らを中心とした研究グループは、独自のグルコース応答性ゲルを用いて、自律的にインスリンを放出する人工膵臓デバイスを開発しました。血液透析用の中空糸を応用することでヒト糖尿病治療に向けた性能アップに成功し、また糖尿病合併症の原因となる血糖日内変動に対する有効性を明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2020.4.22
令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所(神経性調節学分野)の小野大輔助教が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所(神経性調節学分野)の小野大輔助教が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
プレスリリースを更新しました
2020.4.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、オレキシン神経とメラニン凝集ホルモン神経の両方を脱落させたマウスが、従来の覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠の分類に当てはまらない第4の脳状態(DT睡眠と命名)を呈することを発見した論文がeLife誌に掲載されました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、オレキシン神経とメラニン凝集ホルモン神経の両方を脱落させたマウスが、従来の覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠の分類に当てはまらない第4の脳状態(DT睡眠と命名)を呈することを発見した論文がeLife誌に掲載されました。
プレスリリースを更新しました
2020.2.8
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、本学医学系研究科医学奨励賞を受賞しました。
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、本学医学系研究科医学奨励賞を受賞しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2020.1.23
富田 泰輔 先生 (東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室・教授)
“アミロイドβ蓄積に呼応したミクログリア応答の分子機構解明と治療法開発”

2020年3月5日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 病態神経科学分野
富田 泰輔 先生 (東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室・教授)
“アミロイドβ蓄積に呼応したミクログリア応答の分子機構解明と治療法開発”

2020年3月5日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.31
喜田 聡 先生 (東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)
“想起後の恐怖記憶制御機構の解明”

2020年1月31日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
喜田 聡 先生 (東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)
“想起後の恐怖記憶制御機構の解明”

2020年1月31日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.12.21
北尾 洋之 先生 (九州大学大学院薬学研究院 抗がん剤育薬共同研究部門 教授)
“フッ化ピリミジン系抗腫瘍薬の開発歴史とその作用機序”

2020年1月30日(木)16:30-18:00 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
北尾 洋之 先生 (九州大学大学院薬学研究院 抗がん剤育薬共同研究部門 教授)
“フッ化ピリミジン系抗腫瘍薬の開発歴史とその作用機序”

2020年1月30日(木)16:30-18:00 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.12.14
田村 篤志 先生 (東京医科歯科大学生体材料工学研究所 有機生体材料学分野 准教授)
“細胞内コレステロール制御を介したNASH新規治療戦略の開発”

2020年1月22日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
田村 篤志 先生 (東京医科歯科大学生体材料工学研究所 有機生体材料学分野 准教授)
“細胞内コレステロール制御を介したNASH新規治療戦略の開発”

2020年1月22日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2019.12.21
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、次世代脳プロジェクト冬のシンポジウム2019にて、若手優秀発表賞を受賞しました。
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、次世代脳プロジェクト冬のシンポジウム2019にて、若手優秀発表賞を受賞しました。
本研究所教員が第8回テルモ財団賞を受賞しました
2019.12.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授)が、公益財団法人 テルモ生命科学振興財団・第8回テルモ財団賞を受賞しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授)が、公益財団法人 テルモ生命科学振興財団・第8回テルモ財団賞を受賞しました。
「環研カンファレンス/基礎医学特論」を開催しました
2019.12.14
講演1: 大学 保一 先生 (東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNAポリメラーゼ機能プロファイルから見るゲノム構造”

講演2: 香崎 正宙 先生 (産業医科大学 産業生態科学研究所 放射線健康医学 学内講師)
“がん細胞で特異的に活性化するDNA修復経路を標的とした副作用が少ない治療法の開発”

講演3: 小野 健治 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 脳機能分野 助教)
“光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節”

講演4: 中瀬 生彦 先生 (大阪府立大学 大学院理学系研究科 細胞機能制御化学 准教授)
“機能性ペプチド修飾型エクソソームを用いた細胞標的技術の開発”

2019年12月20日(金)15:00-17:00 於:本研究所 南館大会議室 担当: 脳機能分野・発生遺伝分野
講演1: 大学 保一 先生 (東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNAポリメラーゼ機能プロファイルから見るゲノム構造”

講演2: 香崎 正宙 先生 (産業医科大学 産業生態科学研究所 放射線健康医学 学内講師)
“がん細胞で特異的に活性化するDNA修復経路を標的とした副作用が少ない治療法の開発”

講演3: 小野 健治 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 脳機能分野 助教)
“光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節”

講演4: 中瀬 生彦 先生 (大阪府立大学 大学院理学系研究科 細胞機能制御化学 准教授)
“機能性ペプチド修飾型エクソソームを用いた細胞標的技術の開発”

2019年12月20日(金)15:00-17:00 於:本研究所 南館大会議室 担当: 脳機能分野・発生遺伝分野
プレスリリースを更新しました
2019.10.31
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、タイプ2型ナルコレプシーモデルマウスを作成した論文がJ Neurosci誌に掲載されました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、タイプ2型ナルコレプシーモデルマウスを作成した論文がJ Neurosci誌に掲載されました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.31
三澤 日出巳 先生 (慶應義塾大学薬学部 薬理学講座 教授)
“運動ニューロンのサブタイプと生理・病態”

2019年12月13日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 病態神経科学分野
三澤 日出巳 先生 (慶應義塾大学薬学部 薬理学講座 教授)
“運動ニューロンのサブタイプと生理・病態”

2019年12月13日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.29
大塚 稔久 先生 (山梨大学医学部生化学講座第一教室・教授)
“神経終末アクティブゾーンの生化学”

2019年12月12日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
大塚 稔久 先生 (山梨大学医学部生化学講座第一教室・教授)
“神経終末アクティブゾーンの生化学”

2019年12月12日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
本研究所教員の論文がJBC editors’ picksに選ばれました
2019.10.20
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授、益谷央豪教授)らを中心とする研究グループがJournal of Biological Chemistryに発表した、ユビキチンリガーゼの反応メカニズムに関する論文が、JBC editors’ picksに選出されました。
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授、益谷央豪教授)らを中心とする研究グループがJournal of Biological Chemistryに発表した、ユビキチンリガーゼの反応メカニズムに関する論文が、JBC editors’ picksに選出されました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.10
石原 直忠 先生 (大阪大学大学院理学研究科 生物科学専攻 教授)
“ミトコンドリアの融合・分裂の制御とその生理的意義”

2019年11月27日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
石原 直忠 先生 (大阪大学大学院理学研究科 生物科学専攻 教授)
“ミトコンドリアの融合・分裂の制御とその生理的意義”

2019年11月27日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.9.27
山田 亜夕美 先生 (理化学研究所 眞貝細胞記憶研究室 博士研究員)
“Kleefstra 症候群の神経症状発症機構の解明と治療法確立に向けて”

2019年10月23日(水)16:00-17:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
山田 亜夕美 先生 (理化学研究所 眞貝細胞記憶研究室 博士研究員)
“Kleefstra 症候群の神経症状発症機構の解明と治療法確立に向けて”
2019年10月23日(水)16:00-17:30 於:本研究所 北館セミナー室
プレスリリースを更新しました
2019.9.20
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループが、浅い眠りで記憶が消去される仕組みを解明を発見しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループが、浅い眠りで記憶が消去される仕組みを解明を発見しました。
本研究所学生がポスター賞を受賞しました
2019.9.7
文部科学省新学術領域研究「先端モデル動物支援プラットフォーム」令和元年度若手支援技術講習会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストポスター賞を受賞しました。
文部科学省新学術領域研究「先端モデル動物支援プラットフォーム」令和元年度若手支援技術講習会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストポスター賞を受賞しました。
本研究所学生がトラベルアワードを受賞しました
2019.7.26
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」を開催しました
2019.7.6
名古屋大学ホームカミングデイ2019において、市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」 を開催しました。肥満の基礎知識から、楽しく実践できる運動・食事まで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。

講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”

2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”
2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
「基盤医学特論」を開催しました
2019.7.19
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”

2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”
2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室
本研究所学生がベストプレゼンテーション賞を受賞しました
2019.6.28
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.21
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.6.3
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”

2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学分野
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”
2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2019.5.14
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”

2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”
2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室
本研究所教員が研究奨励賞を受賞しました
2019.5.9
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2019.2.28
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”

2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”
2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室
2月4日(月)に「基盤医学特論」を3講義連続で開催しました
2019.2.1
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”

2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)於:本研究所 北館セミナー室 担当: 発生遺伝分野
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”
2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)
於:本研究所 北館セミナー室
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.23
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授)
“BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”

2019年1月25日(金)16:30-18:00 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授) “BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”
2019年1月25日(金)16:30-18:00 於:本研究所 北館セミナー室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.13
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト)
“ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”

2018年12月14日(金)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子神経科学分野
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト) “ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”
2018年12月14日(金)15:00-16:30 
於:本研究所 北館セミナー室
「2018年度環研カンファレンス(第三回)」を開催しました
2018.11.28
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教)
 "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス" 
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教)
"染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年)
 "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教)
 "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"

2018年12月21日(金)15:00~17:00 於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教) "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス" 
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教) "染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年) "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教) "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"
2018年12月21日(金)15:00~17:00
於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
第1回環境医学研究所シンポジウムを開催しました
2018.11.9
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催しました。

2019年2月8日(金)13:00-17:20 於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催しました。
2019年2月8日(金)13:00-17:20 
於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.11.21
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授)
“構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”

2019年1月23日(水)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授) “構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”
2019年1月23日(水)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
柚﨑 通介 先生(慶應義塾大学医学部生理学・教授)
“新しいシナプスの作り方(と壊し方)”

2019年1月25日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
柚﨑 通介 先生(慶應義塾大学医学部生理学・教授) “新しいシナプスの作り方(と壊し方)”
2019年1月25日(金)17:00-18:30 
於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員)
“脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”

2018年12月3日(月)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員) “脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”
2018年12月3日(月)17:00-18:30 
於:本研究所 神経性調節学分野
本研究所教員の論文が発表されました
2018.10.27
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.27
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor)
“肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”

2018年12月14日(金)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor) “肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”
2018年12月14日(金)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」を開催しました
2018.10.4
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
7月30日(月)に「基盤医学特論」を2講義連続で開催しました
2018.7.20
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)
“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)
“Cortical state control of visual perception”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2) 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)“Cortical state control of visual perception.”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2)
於:本研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.29
進藤 英雄 先生(国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト 副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授)
“生体膜リン脂質操作による生体機能解析”

2018年9月6日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
進藤 英雄 先生(立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト 副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授) “生体膜リン脂質操作による生体機能解析”
2018年9月6日(木)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
「2018年度環研カンファレンス(第二回)」を開催しました
2018.6.22
伊藤 綾香 先生(名古屋大学 環境医学研究所 分子代謝医学)
“脂質代謝と免疫応答のクロストーク”

2018年7月6日(金)16:00より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学
「2018年度環研カンファレンス(第一回)」を開催しました
2018.6.22
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野)
“遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”

2018年6月22日(金)16:30より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野) “遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”
2018年6月22日(金)16:30より 
於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.13
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長)
“グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”

2018年7月12日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長) “グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”
2018年7月12日(木)17:00より 
於:本研究所 北館セミナー室
本研究所学生がYIAを受賞しました
2018.5.25
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
「基盤医学特論」を開催しました
2018.5.23
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授)
“記憶の物理化学的実体”

2018年6月29日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授) “記憶の物理化学的実体”
2018年6月29日(金)17:00-18:30 
於:本研究所 南館大会議室
本研究所教員の論文が発表されました
2018.4.17
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員が学術奨励賞を受賞しました
2018.4.16
第55回日本臨床分子医学会学術集会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 伊藤綾香さんが第21回学術奨励賞を受賞しました。
大会議室・セミナー室を改修しました
2018.4.6
本研究所 南館・大会議室および北館・セミナー室を改修しました。
新しい部屋の写真を「»詳細」に掲載しております。
本研究所北館・南館のセミナー室を改修しました。
新しいセミナー室の写真を「»詳細」に掲載しております。
本研究所学生が若手研究奨励賞を受賞しました
2018.2.23
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2018.2.21
環境医学研究所に「ラクオリア創薬産学協同研究センター」が設置されます。 名古屋大学初の産学協同研究センターであり、医学系研究科・創薬科学研究科と連携し、 医薬品候補化合物の創出を目指した研究を実施します。



 
プレスリリースを更新しました
2018.1.31
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
プレスリリースを更新しました
2017.12.13
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
プレスリリースを更新しました
2017.11.26
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
プレスリリースを更新しました
2017.11.17
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」を開催しました
2017.10.17
名古屋大学ホームカミングデイ2017 において、市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」 を開催しました。
神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を中心に、治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
名古屋大学ホームカミングデイ2017 において、市民公開講座 2017「神経難病の克服に向けて」 を開催しました。
神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を中心に、治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
プレスリリースを更新しました
2021.9.9
本研究所(神経性調節学分野)の大庭彰展さん (医学部4年生)が、第44回日本神経科学大会 ジュニア研究者ポスター賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の大庭彰展さん (医学部4年生)が、第44回日本神経科学大会 ジュニア研究者ポスター賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2021.6.30
環境医学研究所附属次世代創薬研究センターから、環境医学研究所附属MIRAIC- 未来の医学研究センターへ改組しました。東海国立大学機構内のハブとして医学 系研究科・創薬科学研究科をはじめとした医薬系部局と環境医学研究所との連携研究、産学連携研究を推進することにより、研究所の研究力を強化し、次世代研究者を育成します。本目的の達成のため、環境医学研究所の共通機器管理および動物実験施設の運営も担います。
環境医学研究所附属次世代創薬研究センターから、環境医学研究所附属MIRAIC- 未来の医学研究センターへ改組しました。東海国立大学機構内のハブとして医学 系研究科・創薬科学研究科をはじめとした医薬系部局と環境医学研究所との連携研究、産学連携研究を推進することにより、研究所の研究力を強化し、次世代研究者を育成します。本目的の達成のため、環境医学研究所の共通機器管理および動物実験施設の運営も担います。
プレスリリースを更新しました
2021.6.16
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・伊藤綾香助教・小林アズサ元大学院生)らを中心とした研究グループは、魚油の主成分であるエイコサペンタエン酸(EPA)の経口投与が自己免疫疾患モデルマウスの病態を改善することを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・伊藤綾香助教・小林アズサ元大学院生)らを中心とした研究グループは、魚油の主成分であるエイコサペンタエン酸(EPA)の経口投与が自己免疫疾患モデルマウスの病態を改善することを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2021.6.13
名古屋大学環境医学研究所/医学系研究科の祖父江顕特任助教、山中宏二教授らの研究グループは、荻朋男教授(同環境医学研究所)、名古屋市立大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所、高齢者ブレインバンクとの共同研究により、ミクログリアの機能低下が神経変性の進行と相関し、認知症病態に重要であることを解明しました。
名古屋大学環境医学研究所/医学系研究科の祖父江顕特任助教、山中宏二教授らの研究グループは、荻朋男教授(同環境医学研究所)、名古屋市立大学、放射線医学総合研究所、理化学研究所、高齢者ブレインバンクとの共同研究により、ミクログリアの機能低下が神経変性の進行と相関し、認知症病態に重要であることを解明しました。
プレスリリースを更新しました
2021.5.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・吉岡直輝大学院生)らを中心とした研究グループは、短期間で非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と肝がんを発症する新たな疾患モデルを作製しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・吉岡直輝大学院生)らを中心とした研究グループは、短期間で非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と肝がんを発症する新たな疾患モデルを作製しました。
プレスリリースを更新しました
2021.1.28
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎 博士研究員が、日本学術振興会から育志賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎 博士研究員が、日本学術振興会から育志賞を受賞しました。
プレスリリースを更新しました
2021.1.20
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・金森耀平研究員)らを中心とした研究グループは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)においてクッパー細胞の鉄蓄積が肝線維化を促進することを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・金森耀平研究員)らを中心とした研究グループは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)においてクッパー細胞の鉄蓄積が肝線維化を促進することを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2020.12.4
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)らを中心とした研究グループは、医学系研究科(勝野雅央教授ら)との共同研究により、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病巣に異常凝集するTDP-43タンパク質の凝集メカニズムを明らかにしました。
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)らを中心とした研究グループは、医学系研究科(勝野雅央教授ら)との共同研究により、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病巣に異常凝集するTDP-43タンパク質の凝集メカニズムを明らかにしました。
プレスリリースを更新しました
2020.11.13
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔講師、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス・睡眠・体内時計を繋ぐ神経回路を発見しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔講師、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス・睡眠・体内時計を繋ぐ神経回路を発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2020.9.2
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス応答に重要な神経活動を調節する因子のスクリーニング法を開発しました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、ストレス応答に重要な神経活動を調節する因子のスクリーニング法を開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2020.9.2
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)と英国・リバプール大学の国際共同研究として、神経難病ALSの治療薬候補となるエブセレン類縁化合物の開発に成功したことを発表しました。
本研究所の教員(病態神経科学分野、山中宏二教授・渡邊征爾助教)と英国・リバプール大学の国際共同研究として、神経難病ALSの治療薬候補となるエブセレン類縁化合物の開発に成功したことを発表しました。
本研究所学生が時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞を受賞しました
2020.9.2
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎さんが、日本神経科学学会・時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞を受賞しました。
本研究所(神経性調節学分野)の伊澤俊太郎さんが、日本神経科学学会・時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2020.8.15
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・坂(田中)まりえ研究員)らを中心とした研究グループは、急性腎障害から慢性腎臓病への病態の進展に、マクロファージに発現するMincle(macrophage-inducible C-type lectin)が関わることを明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・坂(田中)まりえ研究員)らを中心とした研究グループは、急性腎障害から慢性腎臓病への病態の進展に、マクロファージに発現するMincle(macrophage-inducible C-type lectin)が関わることを明らかにしました。
本研究所客員研究者が、日本内分泌学会・研究奨励賞を受賞しました
2020.7.1
本研究所(分子代謝医学分野)の伊藤美智子 客員研究者が、日本内分泌学会・研究奨励賞を受賞しました。
本研究所(分子代謝医学分野)の伊藤美智子 客員研究者が、日本内分泌学会・研究奨励賞を受賞しました。
本研究所研究員が若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました
2020.7.1
本研究所(分子代謝医学分野)の金森耀平 日本学術振興会特別研究員(PD)が、日本内分泌学会・若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。
本研究所(分子代謝医学分野)の金森耀平 日本学術振興会特別研究員(PD)が、日本内分泌学会・若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2020.6.17
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・木村真一郎特任助教)らを中心とした研究グループは、独自のグルコース応答性ゲルを用いて、自律的にインスリンを放出する人工膵臓デバイスを開発しました。血液透析用の中空糸を応用することでヒト糖尿病治療に向けた性能アップに成功し、また糖尿病合併症の原因となる血糖日内変動に対する有効性を明らかにしました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都講師・木村真一郎特任助教)らを中心とした研究グループは、独自のグルコース応答性ゲルを用いて、自律的にインスリンを放出する人工膵臓デバイスを開発しました。血液透析用の中空糸を応用することでヒト糖尿病治療に向けた性能アップに成功し、また糖尿病合併症の原因となる血糖日内変動に対する有効性を明らかにしました。
本研究所教員が文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞しました
2020.4.22
令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所(神経性調節学分野)の小野大輔助教が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所(神経性調節学分野)の小野大輔助教が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
本研究所教員の論文が発表されました
2020.4.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、オレキシン神経とメラニン凝集ホルモン神経の両方を脱落させたマウスが、従来の覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠の分類に当てはまらない第4の脳状態(DT睡眠と命名)を呈することを発見した論文がeLife誌に掲載されました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、オレキシン神経とメラニン凝集ホルモン神経の両方を脱落させたマウスが、従来の覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠の分類に当てはまらない第4の脳状態(DT睡眠と命名)を呈することを発見した論文がeLife誌に掲載されました。
本研究所学生が本学医学系研究科医学奨励賞を受賞しました
2020.2.8
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、本学医学系研究科医学奨励賞を受賞しました。
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、本学医学系研究科医学奨励賞を受賞しました。
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2019.12.21
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、次世代脳プロジェクト冬のシンポジウム2019にて、若手優秀発表賞を受賞しました。
本研究所の博士課程大学院生(神経性調節学分野、伊澤俊太郎さん)が、次世代脳プロジェクト冬のシンポジウム2019にて、若手優秀発表賞を受賞しました。
本研究所教員が第8回テルモ財団賞を受賞しました
2019.12.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授)が、公益財団法人 テルモ生命科学振興財団・第8回テルモ財団賞を受賞しました。
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授)が、公益財団法人 テルモ生命科学振興財団・第8回テルモ財団賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.10.31
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、タイプ2型ナルコレプシーモデルマウスを作成した論文がJ Neurosci誌に掲載されました。
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループによる、タイプ2型ナルコレプシーモデルマウスを作成した論文がJ Neurosci誌に掲載されました。
本研究所教員の論文がJBC editors’ picksに選ばれました
2019.10.20
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授、益谷央豪教授)らを中心とする研究グループがJournal of Biological Chemistryに発表した、ユビキチンリガーゼの反応メカニズムに関する論文が、JBC editors’ picksに選出されました。
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授、益谷央豪教授)らを中心とする研究グループがJournal of Biological Chemistryに発表した、ユビキチンリガーゼの反応メカニズムに関する論文が、JBC editors’ picksに選出されました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.9.20
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とする研究グループは、浅い眠りで記憶が消去される仕組みを解明を発見しました。
本研究所学生がポスター賞を受賞しました
2019.9.7
文部科学省新学術領域研究「先端モデル動物支援プラットフォーム」令和元年度若手支援技術講習会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストポスター賞を受賞しました。
本研究所学生がトラベルアワードを受賞しました
2019.7.26
第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会(Neuro2019)において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・松原崇紀さんと伊澤俊太郎さんが国内トラベルアワードを受賞しました。
本研究所学生がベストプレゼンテーション賞を受賞しました
2019.6.28
第44回日本睡眠学会において、本研究所神経性調節学分野の博士課程大学院生・洪啓栄さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.21
本研究所の教員(神経性調節学分野、小野大輔助教・山中章弘教授)らは、北海道大学、本間研一名誉教授・客員教授らの研究グループと共同で、概日時計の中枢である視交叉上核の抑制性神経の新たな機能を発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・小野大輔助教)らを中心とした研究グループは、中脳腹側被蓋野のGABA神経がノンレム睡眠を調節する新しい神経細胞であることを明らかにしました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.6.5
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授)らを中心とした研究グループは、新しい遺伝子改変マウスを作出し、睡眠覚醒調節におけるオレキシンと、オレキシン神経に含有されるオレキシン以外の伝達物質の役割を明らかにしました。
本研究所教員が研究奨励賞を受賞しました
2019.5.9
第92回日本内分泌学会学術総会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 田中都さんが第39回研究奨励賞を受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.22
本研究所の教員(神経性調節学分野、山中章弘教授・山下貴之准教授)らを中心とした研究グループは、光ファイバーを実験動物に刺入せず、ファイバーレスにて神経活動を操作する技術を開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2019.1.21
本研究所の教員(分子代謝医学分野、菅波孝祥教授・田中都助教)らを中心とした研究グループは、マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2018.10.27
本研究所の教員(ゲノム動態制御分野、増田雄司准教授・益谷央豪教授)らを中心とした研究グループは、DNA損傷が引き起こす遺伝子変異のリスクをコントロールする分子メカニズムの一端を提示しました。
本研究所学生がYIAを受賞しました
2018.5.25
第61回日本糖尿病学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座)桒田博仁さんがYIAを受賞しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2018.4.17
本研究所教員(病態神経科学分野、小峯起助教、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、神経難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)における自然免疫分子 TRIF の新たな神経保護機能を発見しました。
本研究所教員が学術奨励賞を受賞しました
2018.4.16
第55回日本臨床分子医学会学術集会にて、本研究所分子代謝医学分野の助教 伊藤綾香さんが第21回学術奨励賞を受賞しました。
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2018.2.23
第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会において、本研究所分子代謝医学分野の博士課程大学院生(奈良県立医科大学糖尿病学講座) 桒田博仁さんが若手研究奨励賞を受賞しました。
ラクオリア創薬産学協同研究センターの設置が決定しました。
2018.2.21
環境医学研究所に「ラクオリア創薬産学協同研究センター」が設置されます。 名古屋大学初の産学協同研究センターであり、医学系研究科・創薬科学研究科と連携し、 医薬品候補化合物の創出を目指した研究を実施します。



 
本研究所教員の論文が発表されました
2018.1.31
本研究所教員(神経系分野II、早坂直人特任准教授)らを中心とした研究グループが、リン酸化酵素SIK3が恒常性維持(エネルギー代謝、睡眠、概日リズム)に重要な役割を果たすことを発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.12.13
本研究所教員(病態神経科学分野、山中宏二教授)らを中心とした研究グループが、加齢と認知症で加速する新たな神経細胞死を発見しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.11.26
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授・田中助教)らを中心とした研究グループが、世界初の「エレクトロニクス(機械)フリー」かつ「タンパク質フリー」な仕組みによる人工膵臓デバイスを開発し、糖尿病モデルマウスでの医学的機能実証に成功しました。
本研究所教員の論文が発表されました
2017.11.17
本研究所教員(分子代謝医学分野、菅波教授)らを中心とした研究グループが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明に成功しました。
本研究所学生が若手研究奨励賞を受賞しました
2017.10.27
第44回日本神経内分泌学会学術集会にて、本研究所神経系分野IIの博士課程大学院生 伊澤俊太郎さんが第17回日本神経内分泌学会・若手研究奨励賞を受賞しました。
本研究所学生が優秀発表賞を受賞しました
2017.4.30
第26回日本行動神経内分泌研究会において、本研究所神経系分野IIの博士課程大学院生 伊澤俊太郎さんが最優秀発表賞を受賞しました。
本研究所教員が文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞しました
2017.04.19
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本研究所神経系分野IIの山下貴之准教授が「若手科学者賞」を受賞しました。
「若手科学者賞」は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象としています。
2021年度 第2回「環研カンファレンス」を開催します
2021.8.24
講演: 祖父江 顕 先生 (環境医学研究所 病態神経科学分野 特任助教)
“アルツハイマー病におけるミクログリア:特徴と治療標的としての展望”

2021年9月17日(金)16:30-17:30 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
講演: 祖父江 顕 先生 (環境医学研究所 病態神経科学分野 特任助教)
“アルツハイマー病におけるミクログリア:特徴と治療標的としての展望”

2021年9月17日(金)16:30-17:30 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
2021年度 第1回「環研カンファレンス」を開催します
2021.5.12
講演: 堀 美香 先生 (環境医学研究所 内分泌代謝分野 講師)
“生活習慣病を根底とした動脈硬化・発がんの分子機序の解明”

2021年5月28日(金)16:00-17:00 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
講演: 堀 美香 先生 (環境医学研究所 内分泌代謝分野 講師)
“生活習慣病を根底とした動脈硬化・発がんの分子機序の解明”

2021年5月28日(金)16:00-17:00 開催形式: オンライン開催 (Microsoft Teams)
「基盤医学特論」を開催します
2021.2.5
酒井 寿郎 先生 (東北大学 大学院医学系研究科/東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
“ヒストン脱メチル化酵素のリン酸化スイッチを介した協調的寒冷適応機構”

2021年3月10日(水)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
酒井 寿郎 先生 (東北大学 大学院医学系研究科/東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
“ヒストン脱メチル化酵素のリン酸化スイッチを介した協調的寒冷適応機構”

2021年3月10日(水)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催します
2020.12.21
桑木 共之 先生 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・教授)
“情動脱力発作を利用した快情動の脳内機構研究”

2021年3月18日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
桑木 共之 先生 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・教授)
“情動脱力発作を利用した快情動の脳内機構研究”

2021年3月18日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2020.1.23
富田 泰輔 先生 (東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室・教授)
“アミロイドβ蓄積に呼応したミクログリア応答の分子機構解明と治療法開発”

2020年3月5日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 病態神経科学分野
富田 泰輔 先生 (東京大学大学院薬学系研究科 機能病態学教室・教授)
“アミロイドβ蓄積に呼応したミクログリア応答の分子機構解明と治療法開発”

2020年3月5日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.31
喜田 聡 先生 (東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)
“想起後の恐怖記憶制御機構の解明”

2020年1月31日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
GOS-UY1603-17-XL ゴーセン レディース ウィンドウォーマーパンツ(裏起毛)(ネイビー・サイズ:XL) GOSEN取扱説明書 キャリー 新生児~2才頃まで 動作 汚れ 便利なリュックタイプ カラー カバーに毛羽立ち少々あり 旅行 欠品 アマゾン参考価格:¥6104-------- 数量 授乳クッション 色あせ ママ 箱にあり なし 素材 散歩 中古 あす楽 製品名 キッズ キズ ふかふか授乳クッション ベビー 機能 カバー丸洗い可授乳 問題なし 参考価格 ペットバッグ バッグ バック 状態:A 子ども キャラクター おさんぽ おすわりクッション お出かけ ベビーグッズ赤ちゃんグッズぴよこ 育児用品 グレー リュック 子供 サイズ おすわりクッション送料無料 猫用キャリーバッグ 対象年齢 外寸:約幅52×奥行50×高さ20cm保護者の適応胴回り:110cmまで メーカー 子育て カバーは当店にて洗濯済み エアタイプ お出かけや通院に最適 ペット 2111円 カバーのマジックテープ部分に薄い汚れ少々あり グッズ その他 送料無料 リッチェル 毛羽立ち 塩化ビニル樹脂 ポリエステル 赤ちゃん 激安UCC カップコーヒー ザ・ブレンド114 4P 24個 コーヒー インスタントコーヒー 珈琲 送料無料 UCC カップコーヒー ザ・ブレンド114 4P×24個入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。ペットバッグ サイズ M280F 画面上のカラーと実物のカラーが微妙に異なることがございます 素材 ペット 3118円 手具 新体操 キャリー お出かけ バッグ ササキスポーツ 猫用キャリーバッグ バック 02911020400000000 便利なリュックタイプ おさんぽ 旅行 長さ3m 子供 国際体操連盟認定品 カラーナイロンロープ ナイロン標準耐用年数:2年メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています コシを持つシャープなロープです 散歩 M-280-F 径1cm 染色性に優れたナイロンだからこそ実現した艶のある鮮やかなカラー お出かけや通院に最適 子ども 商品説明 SASAKI リュック 耐久性と適度なハリ 03003270200000000エクササイズに最適! フレックスバー 中 HGN-26101 【abt-1517919】【APIs】バッグ 追加送料について東 お取り寄せ 沖縄県700円 お出かけや通院に最適 名乾燥きくらげ3種セット原材料名きくらげ 奈良県産の純国内産完全無農薬の白きくらげ 同梱不可※ただし 旅行 品 散歩 北海道1 同一販売者の商品の複数注文時は同梱可能です ペットバッグ 手みやげ 猫用キャリーバッグ 明日香きくらげ3種セット 白ホール15g お出かけ 税込 2660円 黒スライス15g賞味期限製造日から約1年間保存方法直射日光を避け湿度の少ない所で保存製造者株式会社アスカグリーンファーム ペット リュック 便利なリュックタイプ 子供 きくらげ ギフト 黒きくらげのセットです 五條市 100円 子ども お土産 奈良県 奈良みやげ 菌床 おさんぽ キャリー 北300円 バック 内容量黒ホール15g【2021年2月 月間優良ショップ】【例外ポイント2倍】足ゆび元気くん 左右セット(ストレッチベルトなし) 手と同じように足のケア-をしていますか?ミリオンセラー(100万セット)の販売実績!!耐酸耐磁ステンレス スイス ピンセット 用途 :120 2408円 手作業工具 ESD対策仕様品ではありません :0.50 質量 幅 ニッパ メーカー名 先端厚さ 直型強力タイプ G JANコード バッグ お出かけ ステンレス製ピンセット リュック 耐酸耐磁ステンレスピンセット 120mm あらゆる精密作業に 7640144710040 プライヤー Tools バック 名称 注意 mm Nippers 質量単位 ペットバッグ Pliers 猫用キャリーバッグ 先端幅 1本 おさんぽ ペット 散歩 全長 :0.90 206-9688 原産国 先端:直型強力タイプ 精度の高い作業が可能です :10.0 21.000 旅行 子供 仕上 特長 00-SA-0-IT キャリー idealtek社 仕様 便利なリュックタイプ スイスで製造された高品質な耐酸耐磁ピンセットです お出かけや通院に最適 Hand 子ども idealtek 関連キーワード:ものづくりのがんばり屋市場店 超精密に仕上げられた先端部分は完全な対称性を備え 材質 Cuttingオーバー・フェンス 豪華版【Blu-ray】 [Blu-ray]ペット ペットバッグ 来客時や災害時の移動にも安心です 材質:本体 扉ロック 扉軸:スチール ポリエステル粉体焼付塗装 サイズ:36.5×57×36.5H 猫用キャリーバッグ 水洗いできてお手入れ簡単 バックル 子供 バック 商品説明 扉ロックケース 重量:2400g 散歩 お出かけや通院に最適 子ども お出かけ 猫用 Richell 上扉ロックケース 旅行 プラスチック製なので 便利なリュックタイプ M ポリプロピレン ハンドル 生産国:日本 cm 上扉 体重目安:8kg以下スペック 4038円 バックル軸 上扉軸 おさんぽ 扉 ダブルドア ライトピンク 小型犬 普段からハウスとして慣れておくことで 上扉ロック ベルト取付部 キャンピングキャリー キャリー リュック ABS樹脂 ポリカーボネート バッグメール便1セットまでOK!【Fitte】完全無縫製インナーシリーズ。GUNZE KIREILABO フィッテ 完全無縫製 レディース インナーボトム 綿混 カットオフ 日本製 グンゼ キレイラボ Fitte 3分丈 KB2063 2枚セット M/L/LL980円 大切な人 矢絣 茶道 対応した 白地 アンティーク風 親族 78cm SPAなど オシャレな ギフト 1配送先についてのお買い上げ総額が合計3 ケープ まっちゃ 敬老の日プレゼント 藍色 気分 一つ紋 金魚柄 茶 アイボリー 黄緑 演奏会 トンボ 50代 温泉 イメージ違いなど 多少の色ぶれが発生する場合があります 観劇 外側に1つポケット付き デニム ミュージカル 家族 えんじ 黒 75cmLサイズ:対応身長 雪駄 留袖 藤 ストライプ 但し 花 メーカーに発注させていただきますので 送料となります ビタミン 白ピンク ちりめん 蝶 女性 上着:グレー はかま 初期不良以外 上着のスリット部分は力布で補強しています 男女兼用 平服 金魚 スクラブ ホワイトデー リンパマッサージ 5L 緑和の着物生活を応援します和服 お初着 赤地 誕生日 以上ご注文いただいた場合 白寿 4L 子ども用 レッド 3 スーパー銭湯 エステ 柄が異なる場合がございます 絹 お出かけや通院に最適 LL クレジットカード決済もしくは銀行振込のいずれかでご注文下さいませ 薔薇サイズ ■商品について大人用サイズ サイズ 寝 寝巻き 呉服 スパ ひまわり 限定カラー mm こちらはリネン対応の製品です モノトーン 赤 ペットバッグ コットン あさがお 習い事 レース 予めご了承下さいませ ギフト取り扱いアイテム洗える ツートン 小袋帯 絞り浴衣 友人 敬老の日 華道 帝人 TLサイズ 整骨院 ふりそで お葬式 燕 四つ身 料金に関しましては重さや送付先の地域によっても異なります 選べる 節目 不快感を軽減します おじいちゃん 気まま 初誕生 ランキング ユリ 鍼灸 制服 父親 歌謡 子供 ナイトウェア リュック のお客様のご都合によるキャンセル ゆったりと着て頂けます 尺八 藤の花 水玉 裾よけ シルク 濃紺 猫用キャリーバッグ 着付け小物 飲食店制服 袖 買い物 返品はお断りしています 紺 3L 上着の衿 温浴 2L インフォーマル 三つ紋 浴衣地 2LW オレンジ もちろん パープル 限定色 68cm 伊達衿 ターコイズ L 畳風 補整下着 黒留袖 花火 日頃 1回 デパート リネン■ 73cm 小学生 薄ピンク きものクリップ 初正月 梅 150~160cm グリーン たとう紙 息子 メンズ 卒寿 室内の館内着として着用頂けます 沖縄県 白 ライフイベント 半襦袢 ピンク 色無地 マルチカラー 浴衣用 メロン 単衣 詳しい送料に関しましては 旅館 リネン 30代 百合 レディース モニターの設定等によって多少誤差が生じる事がございます 大浴場男女兼用のリラックスウェア―です 限定柄 お支払い後の発注となりますので 雨コート 和の生活 礼装 しじら織り イベント事 略礼装 陣羽織 プレゼント 着付け 甚平 向日葵 ペット ふくよか 美術館 芸術 街歩き 三つ身 神楽 しじら織 男性 少年 無地 江戸小紋 ワークウェア ご注文後 扇 楽しむ 道行 別途送料がかかります 紬 女性用 作務衣 還暦 端午の節句 薄紫 和楽器 市松 桜 お茶会 万が一 さらっとした質感で肌触りがよく 絞り調 パンツ丈 散策 重ね衿 Detail 綿100 三分紐 送料無料になります 博物館 ■写真について ぞうり 10代 和装肌着 チェック 71cmMサイズ:対応身長 業務用 のど自慢 ブルー 婦人用 半衿 弓道 ズロース ペア 紳士 お爺ちゃん 中学生 ヴィンテージ ポリエステル100% 贈り物 朝顔 麻の葉 初節句 牡丹 扇子 帯板 帯〆 ホワイト ルームウェア きもの 様々なシーン 足つぼ 振袖セット 帯リボン 便利なリュックタイプ リゾート お食い初め kimono 能 日本舞踊 カラー 静電気防止糸を使用 170~180cm 百合柄 剣道 館内着 袷 袴セット 応援 バースデープレゼント 正絹 朱色 フォーマル ラミエール 傘寿 帯枕 コート 卒園式 信玄袋 国外除く 部屋着 弔事 色 結納 エメラルド パステルカラー 五つ紋 財布 浴衣男性用 洗濯に強い 商品の写真は おばあちゃん 青 橙 生地 ※実際の色 ねこ 抹茶 和小物 お出かけ ホームウェア 撫子 ネコ メーカーに在庫がない場合は 雛祭り 準礼服 喜寿 百日参り 椿 キャリー 3926円 ミニ 成人式 おさんぽ Mサイズ:対応身長 雅楽 ■お支払いについて トンボ玉 半襟 雪輪 祝い事 79cm 限定 寝巻 あかすり コーリンベルト 白黒 カラオケ 絣 ベルベット 正座椅子 裾はパイピング仕様です 大きいサイズ クリスマス 結婚式 温泉旅館 以上の商品をご注文の場合 160~170cm 千鳥 マッサージ お急ぎの方は 訪問着 リラックスウェア 米寿 色留袖 足湯 天然温泉 ヘアー小物 アロマセラピー ビタミンカラー ショール マスク パジャマ 舞台 お稽古 和装ブランド 絽きもの 紬風 白無地 風合いを表現できるように調整しておりますが Lサイズ 紺色 大人 ハイカラー 百寿 映え カフェめぐり 格子 ドット 付け下げ 浴衣女性用 ショッピング ブランド着物 バレンタイン ネイビー 和雑貨着物を着るいろいろなイベント夜市 紋入れ 外湯 黄色 可能な限り実物に近い色 娘 紺地 ケアウェア クリーム バック ハイセンス 高校生 2Lサイズ:対応身長 温泉施設 753 インスタ 衿元はボタン付き 部活 パンツ:こげ茶 ツバメ 古希 テイジン 強度的に対応出来るように作られています ※生地の色柄や風合いを生かした染織のため 生地について2L 綿麻 素材:ポリエステル100% リラクゼーション施設 デラックス 衣装 ハイカラ 祖父 お花 町内会 人生 手袋 紳士用 はおり 絞り 対応 麻 カラオケ大会 祖母 菊 歌舞伎 ドライメッシュ素材 手拭い ポンチョ お茶 大浴場着用シーン幅広い年齢層に 素材は キャンセルさせていただく場合があります 上着:パープル 本商品はメーカー取り寄せ商品となりますので 洒落着 彼女 黄 初宮参り 夏祭り 花火大会 初心者 Sサイズ ベージュ 離島 子ども オールシーズン着て頂けるリネン対応の素材です 紐落とし 角帯 肌着 ハイビスカス 60代 都ちりめん なでしこ 浴衣綿麻 蛇味線 Ladies お気軽にお問い合わせ下さいませ 猫 被布 ハンカチ 紅梅 ※国外への発送はEMSにて行います 元気な色 実際にかかる送料から800円を差し引いた代金が 75cm 寝間着 Sサイズ:対応身長 舞 140~150cm cm 追悼式 敬老の日ギフト 風呂敷 あじさい 小さいサイズ パステル 縞 道中着 旅行 綿絽 一つ身 紀寿 ゆったりサイズ 代金引換でのご注文はお受けできかねます 普段 粋な 葬儀 M こどもの日 お届けに約5~7営業日かかります 首元とパンツにサイズ表記されています 水色 ころも 三味線 夏着物 肌襦袢 長羽織 橙色 グレー 上着丈 練習 お琴 婦人作業着 男の子 ■配送について全国一律800円 Lサイズ:対応身長 岩盤浴 母親 ウエストはゴム仕様で紐で結びます サウナ ホテル旅館 孫 ボーイ 彼氏 静電気の発生を防ぎ ■納期について 70代 紫陽花 衣裳 国外への発送は ホテル バラ S 女の子 40代 ミニ丈 晒 ジュニア 20代 宝塚 整体 ナデシコ 日常 セミフォーマル 黒地 コスプレ イエロー お雛様 大きい また 幾何学 百日祝い 和装バッグ ユニフォーム 工業洗濯機でお洗濯をして頂いても ブラック お婆ちゃん ハワイアンブルー ご家庭の洗濯機でもお洗濯して頂けます バッグ 萩 ファッション お宮参り チェック柄 木綿 ゆり 入学式 コンサート 紫 百貨店 送料無料の商品 露店 ロングセラー 撮影会 つばめ お気軽にお問い合わせ下さいドライメッシュ素材 ウール 正礼服 浴衣ぽっちゃりレディース 税込 綿 伊達締め 室内着 セレクトショップ 通気性にも優れています 夜店 散歩 小紋 普段着 準礼装 便利アイテム 入園式 花火会場 羽織 藍 贈リ物 菖蒲 リラックスウェアー 市松模様 桃の節句 ラメ 83cm アンゴラキッコーマン 新鮮大豆ペプチド減塩だし入 200ml x12 *フック部分とプラスチックパーツ接合部の革は手縫いで仕上げています お出かけや通院に最適 その際は キャリー ヤシの木の柄 お出かけ Daiking革フックウクレレストラップ タイミングによって在庫切れの可能性がございます おさんぽ 散歩 また布地部分はミシンで縫っています 子供 別途ご連絡させていただきます 猫用キャリーバッグ 3567円 ヤシの木日本製 輪を首にかけてフックをウクレレにかけて使用します ご注意 必ずお読みくださいウクレレを完全に保持することはできません ペット ヤシの木日本製型番LE-HOOK-UKS-PT※他モールでも併売しているため プラスチックパーツ部からフックの先までの革の長さ約27cmフック内部の幅約11mmストラップ生地の幅3cm輪を最小にしたときの内周約55cm輪を最大にしたときの内周約105cm商品紹介ウクレレに当たる部分を全て牛革で作ったウクレレストラップなのでウクレレをキズつけにくくなっています 旅行 便利なリュックタイプ 免責 子ども バッグ ペットバッグ 状態を確認しながら保護クリーム等でメンテナンスをしてください リュック 商品コード13043615787商品名Daiking革フックウクレレストラップ バック 安全警告牛革は革が乾くとボロボロになります【カワダ/KAWADA/河田】吉田木工所 碁器 銘木 ゲーム ボードゲーム 囲碁 ホビー おもちゃ[▲][ホ][K]をご利用ください ペット ※あす楽ご希望の方は おまとめ店 代引き等 ■中古品ではございますが ページやカバーに欠品はありません 文章が問題なく読める状態の商品です 500円以上送料無料です 1冊から送料無料です オリジナルカレンダーをプレゼントしております 通常24時間以内出荷 子供 散歩 商品の痛みがある場合があります 良好なコンディションです ■ただいま 八幡書店 クレジットカード ■万が一品質に不備が有った場合は お急ぎ便店 ■メール便は 非常にきれいな状態です 子ども キャリー 便利なリュックタイプ 単行本 ※宅配便の場合 代引き お出かけ 非常に良い: 決済は 著者:波木星龍出版社:八幡書店サイズ:単行本ISBN-10:4893507486ISBN-13:9784893507488■通常24時間以内に出荷可能です バック ■商品画像に お出かけや通院に最適 バッグ あらかじめご了承ください 発送まで48時間かかる場合があります ご希望の方は宅配便をご選択下さい がお買い得です ■クリーニング済み ■お急ぎの方は 旅行 帯 波木星龍 ※繁忙期やセール等 3108円 各種決済方法がご利用可能です もったいない本舗 ■商品状態の表記につきまして 猫用キャリーバッグ が付いているものがありますが おさんぽ ※ 中古 中古品のため 宅配便をご選択下さい メール便送料無料 書き込みや線引きはありません リュック マーカーやペンで書込があることがあります ペットバッグ 最短翌日配送 実際の商品には付いていない場合がございます 2 文章を読むのに支障はありません 四柱推命の謎と真実 手数料198円から■まとめ買いの方は 可: 比較的綺麗な状態の商品です 使用されてはいますが 返金対応 ご注文数が多い日につきましては あす楽対応 良い:
「基盤医学特論」を開催しました
2019.12.21
北尾 洋之 先生 (九州大学大学院薬学研究院 抗がん剤育薬共同研究部門 教授)
“フッ化ピリミジン系抗腫瘍薬の開発歴史とその作用機序”

2020年1月30日(木)16:30-18:00 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
北尾 洋之 先生 (九州大学大学院薬学研究院 抗がん剤育薬共同研究部門 教授)
“フッ化ピリミジン系抗腫瘍薬の開発歴史とその作用機序”

2020年1月30日(木)16:30-18:00 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.12.14
田村 篤志 先生 (東京医科歯科大学生体材料工学研究所 有機生体材料学分野 准教授)
“細胞内コレステロール制御を介したNASH新規治療戦略の開発”

2020年1月22日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
田村 篤志 先生 (東京医科歯科大学生体材料工学研究所 有機生体材料学分野 准教授)
“細胞内コレステロール制御を介したNASH新規治療戦略の開発”

2020年1月22日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「環研カンファレンス/基礎医学特論」を開催しました
2019.12.14
講演1: 大学 保一 先生 (東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNAポリメラーゼ機能プロファイルから見るゲノム構造”

講演2: 香崎 正宙 先生 (産業医科大学 産業生態科学研究所 放射線健康医学 学内講師)
“がん細胞で特異的に活性化するDNA修復経路を標的とした副作用が少ない治療法の開発”

講演3: 小野 健治 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 脳機能分野 助教)
“光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節”

講演4: 中瀬 生彦 先生 (大阪府立大学 大学院理学系研究科 細胞機能制御化学 准教授)
“機能性ペプチド修飾型エクソソームを用いた細胞標的技術の開発”

2019年12月20日(金)15:00-17:00 於:本研究所 南館大会議室 担当: 脳機能分野・発生遺伝分野
講演1: 大学 保一 先生 (東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNAポリメラーゼ機能プロファイルから見るゲノム構造”

講演2: 香崎 正宙 先生 (産業医科大学 産業生態科学研究所 放射線健康医学 学内講師)
“がん細胞で特異的に活性化するDNA修復経路を標的とした副作用が少ない治療法の開発”

講演3: 小野 健治 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 脳機能分野 助教)
“光感受性陽イオンチャネルを介したグリア前駆細胞の機能調節”

講演4: 中瀬 生彦 先生 (大阪府立大学 大学院理学系研究科 細胞機能制御化学 准教授)
“機能性ペプチド修飾型エクソソームを用いた細胞標的技術の開発”

2019年12月20日(金)15:00-17:00 於:本研究所 南館大会議室 担当: 脳機能分野・発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.31
三澤 日出巳 先生 (慶應義塾大学薬学部 薬理学講座 教授)
“運動ニューロンのサブタイプと生理・病態”

2019年12月13日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館2F 201セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.29
大塚 稔久 先生 (山梨大学医学部生化学講座第一教室・教授)
“神経終末アクティブゾーンの生化学”

2019年12月12日(木)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.10.10
石原 直忠 先生 (大阪大学大学院理学研究科 生物科学専攻 教授)
“ミトコンドリアの融合・分裂の制御とその生理的意義”

2019年11月27日(水)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.9.27
山田 亜夕美 先生 (理化学研究所 眞貝細胞記憶研究室 博士研究員)
“Kleefstra 症候群の神経症状発症機構の解明と治療法確立に向けて”

2019年10月23日(水)16:00-17:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
「市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」を開催しました
2019.7.6
名古屋大学ホームカミングデイ2019において、市民公開講座 2019「肥満は万病の元!?脂肪との正しい付き合い方」 を開催しました。 肥満の基礎知識から、楽しく実践できる運動・食事まで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。

講演1: 菅波 孝祥 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 教授)
“肥満の基礎知識”

講演2: 浅原 哲子 先生(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 部長)
“広げよう!メタボ撲滅の輪 −健康長寿を目指して−”

講演3: 天川 淑宏 先生(東京医科大学八王子医療センター 日本糖尿病療養指導士)
“ココロとカラダが動きたくなる運動療法の見える化とアート”

講演4: 伊藤 綾香 先生(名古屋大学環境医学研究所 分子代謝医学分野 助教)
“おいしく健康なオイルの食べ方”

2019年10月19日(土)13:00-15:45 於:野依記念学術交流館
「基盤医学特論」を開催しました
2019.7.19
Dr. Luis de Lecea(Professor, Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, Stanford University)
“Developmental Aspects of Sleep and Wakefulness”

2019年8月1日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.6.3
柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学講座 教授)
“細胞のふるまいからみた腎臓病”

2019年8月2日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.5.14
井上 剛 先生(東京大学大学院医学系研究科慢性腎臓病病態生理学 特任助教)
“神経系—免疫系を介した腎臓保護作用”

2019年6月20日(木)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2019.2.28
谷口 俊恭 先生(東海大学医学部基礎医学系 分子生命科学 教授)
“DNA修復とがん:Fanconi anemiaから広がる世界”

2019年3月18日(月)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
2月4日(月)に「基盤医学特論」を3講義連続で開催しました
2019.2.1
講義1. Leon Mullenders 先生(Professor emeritus, Department of Human Genetics, Leiden University Medical Center (LUMC))
“Maintenance of genome integrity by transcription coupled repair.”

講義2. 大学 保一 先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
“DNA複製動態の解明へ向けたゲノム科学的アプローチ”


講義3. 廣田 耕志 先生(首都大学東京 理学研究科 教授)
“ヒト細胞ゲノム編集研究で迫るゲノム維持メカニズムの解明”

2019年2月4日(月)15:00-16:30(講義1), 16:30-18:00(講義2), 18:00-19:30(講義3)於:本研究所 北館セミナー室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.23
笹沼 博之 先生(京都大学院医学研究科 放射線遺伝学 准教授)
“BRCA1は、DNA二重鎖切断端に共有結合したトポイソメラーゼ2除去を促進する”

2019年1月25日(金)16:30より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: ゲノム動態制御分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.12.13
戸田 浩史 先生(ハワードヒューズ医学研究所/ペンシルバニア大学 リサーチスペシャリスト)
“ショウジョウバエを用いた睡眠研究:睡眠誘導因子「nemuri」の発見”

2018年12月14日(金)15:00-16:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子神経科学分野
「2018年度環研カンファレンス(第三回)」を開催しました
2018.11.28
演題1. 金尾 梨絵 先生 (名古屋大学 環境医学研究所 ゲノム動態制御分野 助教)
 "ゲノム安定性を維持するヒト細胞のDNA損傷トレランス"
演題2. 夏目 豊彰 先生 (国立遺伝学研究所 分子細胞工学研究部門 助教)
"染色体の恒常性維持に必須なヒトSMC5/6複合体の役割を探る:オーキシンデグロン法を中心とした新しいヒト分子細胞遺伝学を用いて"
演題3. 洪 啓栄 氏 (名古屋大学 環境医学研究所 神経系2分野 博士後期課程1年)
 "Orexin and MCH neurons double ablated mice showed severe sleep attack and cataplexy"
演題4. 吉種 光 先生 (東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 助教)
 "約24時間周期のリズムを生み出す体内時計の分子基盤"

2018年12月21日(金)15:00~17:00 於:本研究所 南館大会議室

※ 本カンファレンスは基盤医学特論を兼ねています。
第1回環境医学研究所シンポジウムを開催しました
2018.11.9
シンポジウムテーマ: 免疫系を介する全身臓器のクロストーク
招待演者:  理化学研究所・理事 小安重夫先生
       九州大学病態制御内科学分野・教授 小川佳宏先生
       大阪大学免疫フロンティア研究センター・教授 鈴木一博先生

シンポジウム終了後、ユニバーサルクラブ(名古屋大学シンポジオン2F)において懇親会を開催します。

2019年2月8日(金)13:00-17:20 於:名古屋大学環境医学研究所 南館大会議室
「基盤医学特論」を開催しました
2018.11.21
新井 郷子 先生(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 分子病態医科学部門 准教授)
“構造学的アプローチが照らし出すAIMとIgMの結合様式とその疾患制御における意義”

2019年1月23日(水)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.29
山口 裕嗣 先生(スタンフォード大学医学部 博士研究員)
“脳視床下部によるマウス日内休眠の制御 / マウス成体脳における細胞種特異的な遺伝子編集”

2018年12月3日(月)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.10.27
中村 能久 先生(シンシナティ小児病院内分泌学科 Assistant Professor)
“肥満の代謝調節におけるRNAネットワーク解析”

2018年12月14日(金)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」を開催しました
2018.10.4
名古屋大学ホームカミングデイ2018 において、市民公開講座 2018「遺伝子研究最前線 -希少・難治性疾患との戦い-」 を開催しました。
希少・難治性疾患に対する治療法の開発を目的とした基礎研究から実際の患者さんのケアまで、幅広くわかりやすい解説を4名の先生方にお話頂きました。
7月30日(月)に「基盤医学特論」を2講義連続で開催しました
2018.7.20
講義1. Thomas S. Kilduff 先生(Center Director, Center for Neuroscience, SRI International)
“Cortical nNOS/NK1R Neurons: Orchestrators of EEG Slow Wave Activity?”

講義2. Bilal Haider 先生(Assistant Professor, Biomedical Engineering, Georgia Tech & Emory University)
“Cortical state control of visual perception”

2018年7月30日(月)13:30-15:00(講義1), 15:00-16:30(講義2) 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.29
進藤 英雄 先生(国立国際医療研究センター脂質シグナリングプロジェクト副プロジェクト長 東京大学大学院医学系研究科 脂質医科学連携講座 准教授)
“生体膜リン脂質操作による生体機能解析”

2018年9月6日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「2018年度環研カンファレンス(第一回)」を開催しました
2018.6.22
中沢 由華 先生(名古屋大学 環境医学研究所 発生遺伝分野)
“遺伝性DNA修復欠損性疾患の分子病態”

2018年6月22日(金)16:30より 於:本研究所 南館大会議室 担当: 発生遺伝分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.6.13
矢澤 生 先生(国立長寿医療研究センター研究所バイオリソース研究室長)
“グリア細胞を標的とした神経変性疾患の病態解明と治療戦略”

2018年7月12日(木)17:00より 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.5.23
井ノ口 馨 先生(富山大学大学院医学薬学研究部(医学)生化学講座・教授)
“記憶の物理化学的実体”

2018年6月29日(金)17:00-18:30 於:本研究所 南館大会議室 担当: 神経性調節学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.4.3
池田 賢司 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校 Kajimura lab 博士研究員)
“SERCA2bを介したカルシウム循環が制御するベージュ脂肪細胞のUCP1非依存的な熱産生機構”

2018年5月18日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 分子代謝医学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.3.27
Shuo-Chien LING 先生(Assistant Professor, Department of Physiology, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore)
“Mechanisms underlying regional vulnerability and glial contribution in ALS and FTD”

2018年4月20日(金)18:00-19:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 病態神経科学分野
「基盤医学特論」を開催しました
2018.3.26
高田 昌彦 先生(京都大学霊長類研究所 統合脳システム分野 教授)
「霊長類脳への遺伝子導入手法の進展と応用」

2018年4月27日(金)17:00-18:30 於:本研究所 北館セミナー室 担当: 神経性調節学分野
講師または助教を募集しています
2019.12.21
内分泌代謝分野にて講師または助教を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。
特任助教を募集しています
2019.6.10
内分泌代謝分野にて特任助教を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。
研究員を募集しています
2019.3.28
脳機能分野にて研究員を募集しています。詳しくは「詳細」をクリックしてください。